惑星の定義と一覧

太陽のような恒星の周りを回る天体を惑星(planet)と呼びます。

惑星の定義

国際天文学連合(IAU)の定義によると、惑星は

  1. 太陽の周りを回り、
  2. 十分な質量を持つためにほぼ球形を保ち、
  3. その軌道付近から他の天体を排除した

天体であるとされています。

惑星の一覧

太陽系の惑星は、水星(Mercury)、金星(Venus)、地球(Earth)、火星(Mars)、木星(Jupiter)、土星(Saturn)、天王星(Uranus)、海王星(Neptune)の8つです。

惑星はその成分や大きさによって、地球型惑星、木星型惑星に分類されます。

水星、金星、地球、火星は地球型惑星、木星、土星、天王星、海王星は木星型衛星に分類されます。

(天王星、海王星を天王星型惑星とする分類もあります。)

捕捉

長らく、太陽系の惑星は水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の9つとされていました。

しかし、2006年にチェコのプラハで行われた国際天文学連合総会で惑星の定義が決議されたことで、冥王星は惑星から外れ、準惑星に分類されることになりました。

Scroll to Top