パラボラアンテナの利得

パラボラアンテナは衛星通信でよく使われます。

パラボラアンテナの利得は、\(D\)をアンテナの直径、\(\lambda\)を波長とすれば、

\[G = \eta\left(\frac{\pi D}{\lambda}\right)^2\]

と表される。ただし、\(\eta\)は開口能率で、アンテナの開口面の効率を表します。(\(0<\eta<1\))

Scroll to Top