安全余裕

強度や剛性の基準として、安全余裕があります。

安全余裕(M.S.:Margin of Safety)は次のように定義されます。

\[\mbox{M.S.} = \frac{\displaystyle \mbox{終極荷重}}{\displaystyle \mbox{制限荷重}}-1\]

設計においては、この安全余裕が負にならないように設計を行います。

Scroll to Top