ダイプレクサとは

ダイプレクサは2つの信号を1つに重ねたり、1つの信号を2つに分けたりする装置です。

マルチバンド(周波数の違う無線システム)を1つのアンテナで扱う時に使われます。

内部の構造は次のようになっています。

HPF(High Pass Filter)とLPF(Low Pass Filter)が中に入っており、右側2本から信号を入力すると、一定以上の周波数と一定以下の周波数を混合した信号を左側から得ることができます。

逆に、左側に入力された信号を周波数ごとに分別し、右側から取り出すこともできます。

Scroll to Top