BPSKの仕組み

BPSK(2位相偏移変調、Binary Phase-Shift Keying)はPSK(位相偏移変調、Phase-Shift Keying)の1つで、2つの位相を使う変調方式です。

BPSKの信号は次の式で表されます。

\[s(t) = A\cos{(2\pi ft+\phi)}\]

ただし、\(A\)は搬送波の振幅、\(f\)は搬送波の周波数です。

\(\phi\)は信号に応じて変わる位相で、

  • 1のとき\(\phi = 0\)
  • 0のとき\(\phi = \pi\)

になります。この式を使えば、BPSKの信号は次の図のようになります。

BPSKの電力スペクトル密度(Power Flux Density)の例を示します。

BPSK

BPSKにおける電力スペクトル密度の式は、

\[P_{BPSK}(f) = \frac{E_b}{2}\left[\left(\frac{\sin{\pi (f-f_c)T_b}}{\pi (f-f_c)T_b}\right)^2+\left(\frac{\sin{\pi (f+f_c)T_b}}{\pi (f+f_c)T_b}\right)^2\right]\]

と表されます。

Scroll to Top