損失回路の雑音温度

損失回路の出力端雑音温度について解説します。

出力端雑音温度は、損失回路が理想的(ノイズなし)としたときに出力端で加算される考えることができる雑音温度です。

損失回路(減衰器)の内部で発生する雑音は、次のように計算します。

\[N = N_{in} – N_{out} = N_{in} – \frac{1}{L}N_{in}\]

\[kT_{out}B = (1-\frac{1}{L})kT_{0}B\]

\[T_{out} = (1-\frac{1}{L})T_{0}\]

さらに、この\(T_{out}\)をゲインで割ったものが等価入力雑音温度になるので、

\[T_{in} = \frac{T_{out}}{1/L} = (L-1)T_{0}\]

と計算できます。

Scroll to Top