【Arduino】I2C通信の方法

Arduino UnoでI2Cを使う方法を解説します。

I2Cの概要と仕組みについてはこちらを参照してください。

ArduinoでI2Cを使うには、Wireライブラリを使用します。

Wire.begin(address)

addressを自分のスレーブアドレスとし、スレーブとして設定します。addressを省略した場合はマスタとして設定します。

Wire.beginTransmission(address)

addressに対して通信を開始します。実際の処理は、バッファにアドレスを送信します。

Wire.write()

データを送信します。実際の処理は、バッファにデータを送信します。

Wire.endTransmission()

通信を終了します。実際の処理は、beginTransmissionとwriteでバッファに送信されたデータを対して送信します。

Scroll to Top